障害年金をサポート


実際には社会保険労務士事務所では、障害年金とも深く関わり合いを持っています。障害年金の請求は他の行政手続きと同様、自分自身でもすることが出来る手続きと考えていいでしょう。しかしいざ、家族の方々だけでそれをしてみれば意外と難しいときっと思われるのではないでしょうか。

そのようなケースにおいて、障害年金の問題を、社会保険労務士事務所に相談するケースもとても増えて来ているのです。最初は障害年金というものと、社会保険労務士事務所の存在が結びつかないという方々が多いようです。

みなさんには、請求書を年金事務所に取りに来たのにもらえなかったと言う経験はないでしょうか。簡単にもらうことが出来るつもりでいれば手順に関して説明を受けたけど内容が全然分からなかったりします。また、初診日を調べてくるように言われ、いざ初診日に来ても知らずに加入した制度によってこれからの受け取る金額が決まるという問題があります。相当手こずった結果、社会保険労務士事務所に依頼する人たちが最近では増えて来ています。

障害の原因となった傷病の初診日に加入していた制度によって受け取る金額が決まってしまいます。

社会保険労務士事務所という存在は、決して会社だけと向きあっている場所ではなくて、そのような人たちに対して、請求に関してのほとんどすべての手続きをもしてくれる場所なのです。社会保険労務士事務所が、ポイントを押さえた着実な手続きで請求を速やかに行ってくれます