社会保険労務士の仕事


更に細かい話しをすれば社会保険労務士事務所では、独占業務に位置づけることが出来る「1号業務」と「2号業務」更に、独占業務に値しない「3号業務」に分類することが出来ます。

1号業務に値するのは、申請書等の作成であったり、労働社会保険諸法令に基づく提出するべき申請書類の作成だったり、更に提出に関する手続代行業務として上記の申請書類を行政官庁(労働基準監督署、公共職業安定所、年金事務所など)に提出する手続きの代行、そして上記の申請書類について、行政官庁等の調査や処分に関し、事業主の依頼を受けて代理人として主張や陳述を行う事務代理です。さらに2号業務としては帳簿種類等の作成や「就業規則」、「労働者名簿」、「賃金台帳」と言った、労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類等の作成などをして行きます。

更に社会保険労務士事務所では、3号業務として、会社の人事・労務管理などの問題も積極的に相談にのってくれたりします。社会保険労務士事務所は、アドバイスや指導も大事な仕事のひとつです。

現代社会は様変わりして、会社もフレキシブルに変化していかなければならない実状があります。雇用形態・働き方が多様化することにしっかりあなたの会社はついて行くことが出来ているでしょう。